トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

単なる定期更新ですが…(若干ネタバレ注意)

>SSじゃあなくてただの駄文で申し訳ないですが。


只今、エピソード(以下E)Ⅲの完成率20%くらい。まだまだでございます。
多分、E―Ⅲの完成は私が休みの来週の月曜日か、または金曜日くらいになりそうですね。
私の作品にニーズがあるかどうかわかりませんが、もし、お待ちの方がいらっしゃいましたら、もうしばし、お待ちくださいませ…。


>掲示板、保管庫でSSにコメントを頂き、ありがとうございます!
私の駄文で無駄にレスを流すのもいただけませんので、お読みいただいた方々にこの場を借りまして、感謝の言葉にいたします! ホント、ありがとうございました!
>虎顎様、もしやその絵は…いやいや、そんな馬鹿な、違うに決まってる。
自意識過剰だ。自重しろ私。
ただ、もしそうでしたら、これほどうれしいこともありません。
励みにさせて頂きます!!

>いま話題になっていますSSコンペ、面白そうですね!
私も参加してみたいですが、果たしてSSが3~5レスで収まるかな?
納期も短いみたいなので、心配です…
バレンタイン企画に考えていたSSを取っときましょうか?
それもなんだか、う~ん…

ここから↓微ネタバレ注意。↓
続きをクリックしてください。

続きを読む "単なる定期更新ですが…(若干ネタバレ注意)"

| | コメント (0)

いふ☆すた⑤

>本編の続きです。他の話に浮気なんてしてたから時間がかかった~…って、
今日が休みでしたので、その勢いで書き上げてしまった。
…恐ろしい子。
EⅠの続きで、時系列ではE1.5のあとになります。
E1.5を読み飛ばしても話は繋がりますが、どうせ見られるならE1.5を見られることを推奨いたします。こなたとかがみの微妙な心情がわかるかもしれません?
今回はシリアス回。起承転結の承と転あたりになります。

今回は話の途中でかがみとこなたの視点がころころと変更していきます。
わかりにくいようでしたら申し訳ないです。
ではお読みいただけましたら幸いです。

こなかが度Lv☆  (最大で☆5)

----------------------------------------------------

続きを読む "いふ☆すた⑤"

| | コメント (0)

キャラ設定という名の寸劇 ― 柊 つかさ 編

>小説に登場する主要キャラの解説、二次設定など、つかささんお願いします。

122456872421016

ふぇ! 私は自分で言うの!?
無理だよー…

>まあそういわず、原稿ありますので。


自分で自分の解説なんて、自己紹介みたいで恥ずかしいよ~。

>それも含めてネタですから。

あぅ、どんだけぇ~

<柊 つかさ>
え~と…
柊かがみの双子の妹…うん、お姉ちゃん!
とってもやさしくて、大好きなお姉ちゃんなんだ。それでね…え、自分の解説を?
あうぅ、怒られた。
えと、基本的には真面目で、しっかりしたところもあるが。うんうん。
言動のボケっぷりに定評があり、天然キャラ…
天然、なのかな、私。普通だと思うけど?

あ、ぼ~としてた。えへへ…
つづき。趣味が家庭的で料理なども得意。うん、よくお母さんを手伝うの。
えと、だが、学力等はちょっとあれな子。
はぅ、あれってなに~?
もう何だか読みたくないよぅ。
え、最後の文だけ? …うん。
流されやすく、お人好しな部分もあるが、
一緒にいるだけで心が和む、そんなとてもいい子。
…いい子って言われちゃった。えへへ…

<二次設定>
ちょっぴり、感が良い。
小さなことから相手の心情を理解できる。
最近は元気のないかがみが心配。

うん、お姉ちゃん、寂しそう。
こなちゃんと何かあったのかな?
こなちゃんといる時、いつもとなんだろう…
雰囲気が前と違うんだ…

>以上です。


| | コメント (0)

いふ☆すた④

>つづいて、こなたのターン
二次設定がありますが欝はないです(今回は)
でもやっぱりかがみは出てこないTT
それも踏まえての幕間です。何でこんなストーリーを考えたんだろう?
もしよろしければお付き合いください。

こなかが度Lv☆☆☆  (最大で☆5)


----------------------------------------------------

続きを読む "いふ☆すた④"

| | コメント (0)

いふ☆すた③

>今回は鬱表現多々です。もうストーリーは出来上がっていて、あとは打ち込むだけなのですが、今の作業スピードでは終わりがいつになるやら。
合間合間で本編とは離れたラブラブのこなかが話を入れようかとか考えていますので。
ちなみに本編は「基本的に」やや欝です。
今回の話は、EpisodeⅡへの間の話です。なぜ幕間かというと、諸事情で。
実は読まなくても本編には支障がなかったりしますが…
こなかがSSなのに二人が話しているシーンがないのはこれいかに。

それでは本編です。

こなかが度Lv☆     (最大で☆5)


----------------------------------------------------

続きを読む "いふ☆すた③"

| | コメント (0)

キャラ設定という名の寸劇 ― 柊 かがみ 編

>小説に登場する主要キャラの解説、二次設定など、こなたさん、お願いします。

122472182007729

かがみの解説だね?
まぁかせてよ!

じゃあいくねぇ~




かがみは私の嫁ぇ!!!


>あ、あのこなたさん? いきなり解説ぶっ飛ばして二次設定にいかれましても…

えぇ、いいじゃ~ん。これはもう公式だよ。
変えられないよ。
絶対運命なんだよ!

>一応、あとで二次設定枠を設けていますので、そちらで存分に語られてください。

まあ、それならおっけーだよ。
原稿これだね?じゃあ今度こそ。

<柊 かがみ>
薄紫色の髪を二つに結ったツインテールがトレードマーク。
こなたの相方でツッコミの方。
真面目で面倒見もよいが、少々不器用な面も持つ。
喜怒哀楽がすぐ顔に出てしまうタイプ。
情に厚く、また、寂しがり屋。

…っと、ふむふむ。
う~ん、これじゃあかがみんの魅力の十分の一も伝わらないよぉ。
え?どこがだめだって?
ふふ~ん。大事な設定が抜けてるからだよ!

かがみといったらツンデレ!

これははずせないよ!
バレバレなのに必死で抵抗してくるあの表情がまた何とも…!
とくにツンした後に来るデレはもはや反則級の破壊力だね。
これなくしてかがみは語れないよ~。

あとは…そうだね。
知らない人から見たら結構しっかり者に見えるらしいけど、意外とおっちょこちょいだったり、抜けてるところもあるよね。
普段は見せないって事は、私に油断してくれているのかな?
だったらちょっとうれしいね。

<二次設定>
よし来た!
ここからはフリーダム!
かがみのこと何でも語るよ~!

じゃあ、かがみんが私に告白してきた時とか。
いや~、夜の暗闇であんなにも情熱的に私を抱きしめるかがみ!
次第に二人の距離は近づいていって…って、かがみ!?
いつからそこに居たの?
か、顔が真っ赤だし。
え?なんでコブシを握ってんの?
いや、ちょ!まって!ごめん。

あーーーーーーーーーー!!   ピチューン…

>………南無三…

つづき。
あるきっかけから、こなたに対して自分が恋愛感情を抱いていることに気付いてしまう。
しかし自分がもつこの感情は、きっと周りを不幸にしてしまう。そう考えた彼女は、想いを封印し、こなたと「友達」でいることを望むのだが…

悩みや不安を一人で抱え込んでしまうタイプで、相談などはたとえ親にでもめったにしない。ただ、嘘はつけない性格なので、無理をするとすぐばれる。

>以上です。



| | コメント (0)

キャラ設定という名の寸劇 ― 泉 こなた 編

>小説に登場する主要キャラの解説、二次設定などかがみさんからお願いします。

122438423301847

わ、私が言うのか!? 

>ええ、女房役ですし。びしっと夫の説明をお願いします。

ぜんぜん理由になってねぇ…
ま、まあ、原稿読むくらいならしてあげてもいいわよ。

>さすがツンデレ!

うっさい!もう、はじめるわよ。

<泉 こなた>
小柄な体格には不釣合いな、長く、蒼い髪が印象的な女の子。

漫画やアニメ、ゲームが趣味で、私生活よりもそれらを優先することもしばしばな重度のオタク。

…ってそのまんまの文章ね。でもこの文だけ見てるとどうしようもない奴に見えるけど、あいつ、意外といいところもあるんだから。

友達想い…っていうか、変なところでやさしかったり、色々みんなに気を使ってくれて、励ましてくれたり。私もよくいじられたり恥ずかしい目にあわせられたりしちゃうけど、最後には、一緒にいてよかったな、って、必ずそう思わせてくれる。
…そんな奴よ。

<ここからは二次設定>

ここも私が読むのか!? もういいでしょ?…え、あ、はい…仕方ないわね。
…てぇ!! 何をいきなり読ませる気だ! え?覚悟を決めろ?……
わ、わかったわよ。読むわよ、読めばいいんでしょ? まったく…

いい?読むわよ?  ………

ひ、ひ、柊、かかかかか、かがみのことが… す、す、好…
…ああん、もう!

柊かがみのことが好き!!

これでいいんでしょ!? 満足したか!!
あんた絶対これいわせるためだけにこの寸劇はじめたでしょ!
あとで覚えてなさいよ。じゃあ私、帰るから。
ああ?続き?しらないわよ!あんたの好きにしなさい。
もう…まったく…ブツブツ

>…つ、つづけます。

普段は感じさせることはないが、実は自身に対しコンプレックスを持っており、人付き合いに対しても臆病。
自分からは積極的に人間関係を開拓していくことはあまりない。
また、片親で、小中と学校で一人きりのときが多かったせいか、いつも一人飄々としているように見えて、その実、かなりの寂しがりやで甘えん坊。しかし、本人の性格によりそれは表に現れることが少なく、かなり信頼している人(基本的にはかがみが近くにいるとき)にしかみせることがない。実は本作中一番のツンデレ?。

自身のかがみに対する感情が恋愛感情であるかどうかはわかっていないが、世界の中で誰よりも好きだと思っていることは自覚している。
自分に自信が無いせいか、高校を卒業してしまえば、かがみとはもう会えなくなると思っている。そのため、できるだけ今が一生の思い出になるように、本心を隠したまま、大好きだという気持ちだけは貫いていこうと考える。

設定は以上。

 

| | コメント (0)

いふ☆すた②

>二作目。いふ☆すた①の続きです。そちらから見られることを推奨します。
 今回も「らき☆すた」の、こなかがメインでお送りします。
 前回と同じく二次設定、百合表現が含まれています。
 では、至らない点も多々あると思いますが、お付き合いいただけましたら幸いです。
 
 コナカガ度Lv☆☆☆☆  (最大で☆5)


 ----------------------------------------------------

続きを読む "いふ☆すた②"

| | コメント (0)

いふ☆すた①

>本編です。二次設定、百合表現などありますのでご注意ください。
本編は、かがみ視点、こなた視点と順番に、交互に変わっていく仕様になっています。
まずはかがみサイドから。
至らない点も多々あると思いますが、お付き合いいただけましたら幸いです。

コナカガ度Lv☆☆☆  (最大で☆5)

-------------------------------------------------------------------------

  

続きを読む "いふ☆すた①"

| | コメント (0)

世界が「こなかが」でありますように

どうも、はじめまして!

このブログではおもに「らき☆すた」のこなかがSSをゆるゆると書き込んでいこうかなと思っています。

駄文で申し訳ないのですが、見られる方はお付き合いいただければさいわいです。

また、投稿SSの中には二次設定やガチ百合、チョイ鬱表現も含まれるものもございます。

ご注意くださいませ。

メインのSSはそのうち時間を作りまして投下いたします。

それでは、また後ほど…

| | コメント (0)

トップページ | 2009年2月 »